Financial Strategy / Governance System財務戦略・ガバナンス体制

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 財務戦略・ガバナンス体制

安定的かつ健全な財務運営の維持と投資主価値の向上に向けたLTVコントロール

中長期的な収益の維持・向上及び運用資産の規模の成長と投資主価値の向上を実現することを目的として、安定的かつ健全な財務運営を行うことを基本方針とし、LTVについては、60%を上限の目途(ただし、新たな投資不動産の取得等に伴い、一時的に60%を超えることがあります。)としますが、平常時の運用においては、50%を上限の目途として運用します。

強靭な財務体質の構築

デット・ファイナンスの基本方針
短期借入金と長期借入金のベストミックス 返済期限の分散化 バンクフォーメーションの分散化
  • リファイナンスリスクの低減
  • 資金調達コストの低減

を目指します。

関連リンク
有利子負債の状況
有利子負債一覧

投資主の利益とスポンサーの利益の一体化

森トラストグループによるセイムボート出資

2017年2月28日現在

本投資法人の発行済投資口数の36.8%を保有

利益相反対策と第三者性を確保した運営体制の採用

本資産運用会社は、投資委員会及びコンプライアンス委員会の双方に外部専門家を委員(外部委員)として選任しています。
資産の取得等について利害関係者取引となる場合、コンプライアンス委員会及び投資委員会における外部委員の賛成並びに投資法人役員会の承認が必要とされています。

利害関係者取引における本資産運用会社の意思決定フロー

利害関係者取引における本資産運用会社の意思決定フロー

このページの先頭へ