Collaboration with the MORI TRUST Group森トラストグループとの連携

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 森トラストグループとの連携

本投資法人は、森トラスト及び森トラスト・ホテルズ&リゾーツの2社をスポンサーとし、かかる2社を含む森トラストグループによるサポートを最大限に活用した成長戦略を実現していく方針です。

都心一等地及び日本の主要リゾート地を厳選した施設展開

ホテル&リゾート事業

第Ⅰステージ
1973年~1991年

森トラスト・ホテルズ&リゾーツの創業

  • 総合リゾートホテル ラフォーレ修善寺
    1976年開業
第Ⅱステージ
1997年~2004年

日本の歴史あるホテルとの提携

  • 万平ホテル
    1997年資本・経営参加
  • リゾートホテル ラフォーレ南紀白浜
    1999年開業
第Ⅲステージ
2005年~2012年

インターナショナルブランドホテルの展開

  • コンラッド東京
    2005年開業
  • シャングリ・ラ ホテル 東京(リース)
    2009年誘致
  • ウェスティンホテル仙台
    2010年開業
第Ⅳステージ
2013年~2015年

多角的な開発・運営による新たな経営手法の開拓

  • 東京マリオットホテル
    2013年開業
  • コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
    2014年開業
  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
    2015年開業
  • コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション
    2015年開業
第Ⅴステージ
2016年~

日本の観光先進国としての地位確立を目指し、新たな価値を創造

Trust Quality が可能にする、業界トップランナーとのアライアンス(連携)

森トラストグループは、開発・運営するホテルにおいて、世界最大級のホテルチェーンであるマリオットやシャングリ・ラといった世界的な「インターナショナルブランドホテル」との連携を図ることで、更なる上質さを備えた、付加価値のあるホテル開発・運営に取り組んでいます。

  • 丸の内トラストシティ
    [シャングリ・ラ ホテル 東京(リース)]
  • 仙台トラストシティ
    [ウェスティンホテル仙台]
  • 御殿山トラストシティ
    [東京マリオットホテル]
  • 京橋トラストタワー
    [コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション]
  • 東京汐留ビルディング
    [コンラッド東京]
(注) 2017年2月現在、取得済資産を除き、本投資法人が各物件の取得を決定した事実はなく、また将来取得できる保証もありません。

森トラスト・ホテルズ&リゾーツのベストシナリオを描く力

森トラストグループでは、ホテルオペレーターである森トラスト・ホテルズ&リゾーツ等を通じて、ホテル開発後も適切な物件マネジメントを行っており、時代に合わせたリブランド及びリノベーションを実施しています。

内部成長を促進する森トラスト・ホテルズ&リゾーツのベストサポート体制

森トラスト・ホテルズ&リゾーツは、日本全国でホテル運営を展開し、「現場実務の工程分析・改善指導」、「複数のホテルにおける多様な外部ブランドとの連携・活用」等、豊富な実績を有しており、 これらの経験によって培われた効率的な本部機能を有しており、これを発揮し、各ホテルと連携・協力することにより、横断的に各ホテルの収益力を向上させる体制をとっています。

このページの先頭へ